素屋根・大型飛散防止建屋

あらゆる屋根形状の屋根勾配に角度をあわせ、天井にはクレーン取り付けも可能。
屋根面は大空間で晴雨関係なく作業が可能。壁面の足場取り付け可能。
組立方法も現場状況に対応できます。

城・寺社などの国宝・重要文化財、焼却場など解体時に飛散を防止する仮設屋根にも使用されています。

<主だった施工場>
伊勢神宮式年遷宮(外宮)・浅草寺奔走・身延山久遠寺五十塔・松山城天守閣
興福寺中金堂・熱田神宮本殿

素屋根

特長・施工施設

  • ホイストにより資材の搬出入が可能であり(改修部分の開放をしなくてもよい)
    天候の影響を受けない。
  • 素屋根内部に広大な空間を設けることができ、障害物なく作業ができる。
  • どんな高低差でも、各柱の高さを調整し、あわせることが可能。
  • 様々な屋根の角度に対応できる設計。
  • 屋根を移動させることにより、一方から梁を乗せ、移動させることが可能。
  • 寺・神社・五重塔など(重要文化財含む)はもちろん、建物解体による粉塵防止の素屋根工事にも力を発揮しています。

▲ページトップへ