大仏さん(大型高所作業車)35m〜53m

高さ35m〜53m 床面積10u(5m×2m)

私たち高所で作業するものとしては、常日頃、出来る限り安全に作業をしたいし、また、危険を少しでも少なくしたいと取組み、日々色々と工夫を行っています。

そこで、考え出したのが他社にはない、高所で360度回転する大仏さんの大きな手のような作業床を考案いたしました。

この作業床は、従来一般的に多くの現場で使用している重機の先端に、取り付けができるような構造となっています。

重機の先端についている作業台(名称:大仏さん(高所作業工法:特許第1926146号))が、360度回転することによって建物に密着し、また、作業床の水平維持装置や、過負荷防止装置等の安全装置があるため、高所でも安全に作業することが出来ます。

外部移動式足場外壁工事

作業例

※画像をクリックすると拡大表示します。

  • 看板取換工事 作業半径 約20m
  • 鉄骨建屋 解体工事

▲ページトップへ